忍者ブログ
Home > > [PR] Home > これまでの流れ > 抗ガン剤治療1stライン(マーカー編)

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

抗ガン剤治療1stライン(マーカー編)

父の場合、2011.3時点でCEAは60を越えていましたが、ストーマ手術をしてFOLFOX・アバスチンの抗ガン剤投与から数ヶ月。マーカーの数値は徐々に下がり始め、抗ガン剤投与から4〜5回目でマーカー値は一ケタに突入しました。

父は手術をしたいと何度も先生に申し出ましたが、先生はその度にはぐらかしていたようです。
と聞くと、父が癌を治そうと必死な印象があるんですが、父の場合は原発巣の手術ではなくストーマを取る手術(肛門に戻す)を希望していたようで、少しズッコケました。

父に色々聞いた所、先生はやんわり説明して下さっていたようで、もう少し様子を見てからと言われたそうです。が、ハッキリ書くとこういう事なんだと思います。
「父の場合、手術する事自体は出来るが、それは大手術になるであろうこと、父の体力の消耗と、術後の余命を天秤にかければ、手術する意味がなく、仮に通常の肛門に戻した場合、普通の生活を送れるようになるまでに要する時間よりも、その先に生きる時間の方が短く、現在ストーマで良好な生活が送れており抗ガン剤の副作用が少ない事から現状維持」と判断しているようでした。(これはあくまで私が受け取った印象)

手術が無理とやんわり言われた父は、ならばと次に考えます。
とにかく病院に行きたくないと言い出しました。
なぜなら、父が入院する病棟が癌病棟で、患者は皆暗い話ばかりだそうで、モチベーションが下がるのだそうです。中には隣のベッドで泣いたり、窓を眺めたまま沈んでいたり、神経質になって看護師に八つ当たりしている患者さんもいるそうなんです。
また、散歩するにもアンプル速度調整のための器具のバッテリーが弱く、30分も離れるとビービーと音が鳴るので、トイレ以外の用事では殆どベッドの上にいなくてはならず、体を動かす事も出来ず暇でしょうがないんだそうです。
更に、白血球が不足して抗ガン剤が受けられず結局日帰りした事も2回程あり、お金の無駄だと言うのです。

・・・まぁ、あれこれ最もらしい理由をつけて、結局行くのが嫌だったんです。
きっと、「手術が無理なら癌と共存する方法」を自分なりに考えて、「自分が癌である事を再認識する場」に行きたくなかったのだと思います。
2011.10頃からでしょうか、医師に相談したのでしょう、1ヶ月に1回の通院で許可を貰ったと喜んでいました。

しかしそれから徐々に数値が上がり始めます。
このブログを読んでいる方ならお分かりかと思いますが、癌というのはマーカー数値そのものよりも、その上下が重要です。
しかし、無理に行かせてストレスを溜めるよりなら1ヶ月に1回でもいいのかもしれない、医者がOKを出すのだし、少し様子を見るのかもしれない、そう思う反面、1ヶ月に1回の投与ではむしろ癌を増殖させてしまうのではないかと思いました。

なぜ白血球が不足するのか?
抗ガン剤は良い細胞も悪い細胞も、とりあえず壊していく物質です。
特に細胞が活発に働く場所(再生力が強い場所)を狙って攻撃します。(ですから爪や髪の毛に副作用が出るのです)大腸内もその一つです。ですから抗ガン剤が比較的効きやすい部位なのです。
そこで白血球が良い細胞を守ろう、再生させようと働くのですが、(FOLFOXは)それが2週間後に一番効くため、白血球も2週間後に一番闘っているため不足するんです。(多分)
その時、更に抗ガン剤を投与するから癌が消滅するのであり、そこで怠ると癌が抵抗しようと増殖するのでは?と思ったのです。
父にやんわりと説明するも、行きたくないと言うので、父に従う事にしましたが、大丈夫なんだろうか・・心配でした。
せっかく抗ガン剤がよく効き、副作用も少ないのだから、このままリンパ転移箇所だけでも消せれば手術に持ち込める可能性だってあるのではないかと思っていたのですが・・・

予想通り心配は的中。数値は上昇しだしました。
一ヶ月に5〜8程度ずつ上昇しています。
医者は父に言います「あまり数値に捕われないでいきましょう」
そのため父は安心していました。
これは延命なのか?素人では判断できませんでした。
それでも父は元気です。
「癌って感じがしないんだよね、普通だし。元気だし。」
それが大腸癌の特徴なんだよと言いたいですが言えませんでした。

数値は上昇し続け、ついに2012.6、50台になりました。
そこで医師に言われました。
「転移もないし、そろそろ新しい抗ガン剤に切り替えましょう」

2012.6、2ndラインのFOLFOLIへ切り替える事になりました。

拍手[7回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR