忍者ブログ
Home > > [PR] Home > これまでの流れ > 抗ガン剤治療1stライン(副作用編)

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

抗ガン剤治療1stライン(副作用編)

2週間に1回、都会の病院に通う事になった父。

毎回母がついていくにはコストもかかります。
父はストーマにしてからとにかく食べてみるみる太っていきました。
そのため体力も回復し、一人で隔週3泊4日で病院に通っています。

心配だった副作用ですが、父の場合

・1回目あたりで冷たいものを飲むと喉にグッと来る感じ
・2〜3回目あたりで手足末端に痺れが出る
・4〜5回目あたりで鼻汁に少し血が混ざるようになる、口内の粘膜が薄く感じる、手足末端の痺れが強くなりボタンがし辛くなる
ここでエルプラットをやめ、5FU・ロイコボリン・アバスチンのみに。
・6回目以降は殆ど症状は同じで
・喉にぐっと来る感じもなくなり、鼻汁に血も混ざらない、一時的に味覚異常はあったが戻り、倦怠感は元からそれほどない。
手足末端の痺れを除けば、健康そのもの。

家族が一番安心したのは、吐き気が一切なかった事です。
それによって食欲があるので、とにかく太る。一番痩せていた時から15キロ近く太ったんです。
肌艶も良くなり、枯れていた声に張りが出ました。
「抗ガン剤なんてたいした事ねぇーなぁ〜」なんて言い出す始末。

タバコはやめたものの、酒は飲む飲む。お菓子も食う食う。飯も食う。
よく喋って、よくゲームして、よく寝てる。

治療に専念するという事で会社をやめたので、毎日暇な日々のようです。
癌に負けてられないと、毎日朝に30分散歩をしてウォーキングしています。
マーカーの数値の変動は次の記事に。

1stラインのFOLFOXは、2011.3〜2012.6まで続けました。




拍手[12回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR