忍者ブログ
Home > > [PR] Home > これまでの流れ > 病院の決定とその準備

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

病院の決定とその準備

名医から返信があった事を家族に伝えた所、母親は興奮してしまい半泣き。
弟は「こんな事ってあるのか」と驚愕しつつも「こうなれば話は別だ、すぐにその先生にお願いしよう!!」と言ってくれました。
名門病院にかかる事を勧めた事で、父自身も相当病状が深刻であるという事は理解したようです。(未だに癌だと信じられず頭が真っ白なままだったので)
私は自営業の為、どうしても仕事を休めず後から行くという事、弟はこれまで父の病状を聞いたり母の送迎など随分会社を休んでしまった為、まずは、父と母の二人で名医の所に行ってもらう事となり、その準備を始めました。

翌日、朝一番で大学病院での手術を拒否し、転院を希望し(大学病院の医師から「勝手な事して迷惑ですねぇ」と言われました。最低な医者です。)無理矢理紹介状を書いてもらい、私は新幹線切符を買いに走り、(父の入院が長期間である事を想定し)母には病院近くのマンスリーアパートで暮らしてもらう事にし(昨今は便利ですね、ネットで契約して翌日にはすぐに使えるんです)、主人にはアパートから病院までの道のりをgoogleマップを使って幾度も母に説明してもらいました。

翌日、私は父と母を車に乗せて駅まで向かい、新幹線乗り場まで一緒に行きました。
二人を座席に座らせ、「こっちの事片付けたら後で行くから。頑張れよ!」と言うと、父と母は都会へ行く事に緊張しつつも、「おう、頑張ってくるよ」と弱々しく言っていました。

両親にとって滅多に出ない都会、滅多に乗らない新幹線です。
せっかく都会に行くのに。せっかく新幹線に乗るのに。目的は「末期癌治療」。
両親の姿を見て「これが旅行だったら、二人はどんなに楽しかっただろうか」と思うと、胸がギュっと痛くなりました。

私は出発ギリギリまで新幹線内に一緒にいて、出発の合図と共にホームに出ました。
そして父と母を乗せた新幹線が出発。

窓からは、弱々しくも笑顔で手を振る父と、父の背中に手をあてながら不安そうにも笑顔で手を振る母、私も笑顔で手をふり、新幹線が見えなくなるまで手を振り終えた瞬間、それまで堪えていた涙がぶわっと溢れ出してきました。
周囲の目など忘れて「先生、どうか、どうかお父さんを助けて下さい」と声にしながら、頭を下げ、暫く泣き続けました。

拍手[23回]

コメント
1.娘(41歳)が大腸がんの末期です。 田中博さん (2014/02/21 09:03)



娘が大腸がんの末期で余命3か月と診断されました。ぜひぜひ、この名医のいらっしゃる病院名をおしえてください。埼玉県入間市在住です。何とかたすけてやりたい。お願いします・

田中博さん

病院については沢山のご質問を頂くのですが、大変心苦しいのですが、病院にご迷惑がかかってしまうかもしれないのでお伝えしていないんです。本当にごめんなさい。埼玉にお住まいとの事ならば、沢山良い病院があると思います。大腸ガン関係の本を読めば、病院は沢山紹介されていますので、お嬢様の症状に合った病院をお選びになると良いと思います。
お嬢様が一日でも長く生きる事が出来ますよう心よりお祈り致します。

  • わんわん
  • 2014/04/01(Tue.)
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR