忍者ブログ
Home > > [PR] Home > その他 > 更新しておらずすみません

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新しておらずすみません

2ヶ月も更新がないので、父が死んだのではないかと思われている方もおられると思いますが、まだ生きてます。(笑)
万一の時には必ずここにご報告致しますので、安心してブログをご覧になってください。

沢山のコメントありがとうございます。
以前もご報告しました通り、私自身が妊娠してツワリが酷く、一日中船酔い気分、食べたものを全て吐き、頭痛が酷い毎日で、ふらふらです。ケトンや尿タンパクも反応出てます・・・
毎日ベッドの中にいて泣いてる状態。。。きっと父の容態の事や、その他のストレスや心配事でツワリが酷くなってるのだと思います。

つわりが終わったら、また落ち着いて更新できると思います。
癌患者さんは終わりが見えない治療ですが、ツワリは最長でも10ヶ月で終わります。癌患者さんに比べたら、屁でもないと思いますので、頑張りますね。

拍手[64回]

コメント
1.母子ともに健康で おかもとさん (2013/08/17 19:47)

つわりがそんなにひどいのですか・・・・
母子ともに健康で、
かわいい赤ちゃんができることを祈っています。

2.母子ともに健康で おかもとさん (2013/08/17 19:47)

つわりがそんなにひどいのですか・・・・
母子ともに健康で、
かわいい赤ちゃんができることを祈っています。

3.よかったです ゆうさん (2013/08/20 23:21)

はじめまして。ゆうといいます。数ヶ月前に父の大腸がんが発覚したもので、ブログを拝見させてもらっていました。

更新がなかったので、ユーモアに溢れるお父さまの体調が心配でしたが…よかったです。

家族が病気を抱えることは大きな不安とストレスになるかとは思いますが、元気なあかちゃんに会えるよう、どうかご自愛くださいね。

4.はじめまして ゆきさん (2013/08/23 02:03)

最近父の大腸癌と、私自身の初妊娠がほぼ同時に発覚し、大腸癌についてネットで調べまくっていた時にこちらのblogを拝見し、夢中で読ませて頂きました。お父様ご健在で安心致しました。悪阻、私も現在戦っています。父の事を思えば、これしきの事っ!と頑張っていますが、大事な時期、お互い気をつけて頑張りましょう。このblogを作って下さって、ありがとうございます。

5.ゲルソン療法 ひざしさん (2013/08/28 08:40)

ご存知かもしれないですが、自身の大腸癌を、福島県立医科大学の星野医師が、ゲルソン療法で治し、現在も存命です。
http://www.ipe-world.com/gerson/gerson-ipe-d4.html

本家のドイツ人医師、マックス・ゲルソン医師の開発したゲルソン療法をおこなうのが一番いいとは思うのですが、星野医師は働きながらだったので、全部実行するのがむずかしく、アレンジを施したそうです。
http://www1.linkclub.or.jp/~yh6-24/gerson.htm

私も身内をガンで亡くし、亡くした直後、ゲルソン療法を知りました。自分自身でゲルソン療法の一部を実践してみたら、10代から患っていた慢性病が一ヶ月で治り、驚いています。
これで身内のガンを治せていたら、と思います。(医師は腎不全というだけで、腎臓がんとの診断が下らなかったので、腎不全の治療ばかりを行っていました。あぶなくなり、転院した先で、やっと腎臓がんと分かりましたが、手遅れでした。)

効き目が高く、高価な薬も必要ないのですが、一時間ごとの有機ジュースづくりなど、労力はかかる療法です。

6.抗がん剤の真実を書いてある本 山口さん (2013/09/06 23:15)

初めまして。山口と申します。

母親が肝臓ガンになり、ガン関連のサイトや本を片っ端から読み漁った者です。

わんわん様は、『ガンは治る ガンは治せる』という本をお読みになった事はありますでしょうか。

もしなければ、本屋さんでの立ち読みでも良いので『まえがき』と『第4部(ガンが治るは、もはや当然)P140~』だけでも目を通してみてください。

日本の厚労省の抗がん剤担当専門技官が、「抗がん剤の正体は猛烈な発ガン物質であり、他の部分に新たなガンを発生させる増ガン物質である」「抗がん剤はいくら使っても効かない」とインタビューで認めたそうです。
アメリカでは20年前にその事実が発表され、抗がん剤治療をほとんどしていませんが、日本では製薬会社や政府やマスコミによって全て隠蔽されている状態のようです。

少しでも参考になる情報であります事、お父様が回復されます事を本当に心からお祈り申し上げます。

7.抗がん剤 たろうさん (2013/09/07 09:20)

私自身、自分のがんに抗がん剤を使った体験から言いますと、
抗がん剤は、いわば時間稼ぎの手段です。
うまく使えば、一時的に画像に写るがん細胞をを小さくしたり、腫瘍マーカー値を減らしたり
できますが、同じものを使い続けているとがんに耐性ができてまたぶり返してきます。
それで別の抗がん剤に換えて・・・ということのくりかえしをしているうちに、使う抗がん剤がなくなってきます。
抗がん剤の副作用の出方は、使う量、抗がん剤の種類などによりさまざまですが、いわゆる「標準量」を使っても、副作用が比較的強く出る人やあまり出ない人がいます。
それと、抗がん剤の問題点は、体が本来持っている免疫力を弱めるということもありますが、大きな医療機関ほど、標準量投与だけになりまして、使う量のさじ加減はしてくれません。
いずれにしても、最終的にガンを治すのは、本人の体が持っている自然治癒力(広い意味での免疫力)によります。
自然治癒力を高める方法は、その種の本がいろいろ出ていますので、それにより知ることができます。

8.無題 柚さん (2014/01/25 06:37)

お父様、ご家族の体調いかがでしょうか。
私の父も大腸がんから肝臓、そして先日肺にも転移がみつかり、抗がん剤治療がんばっています。必死で色々調べているうちにこのブログにたどりつき、熟読させていただきました。本人、家族ともに不安だしこの先どうなるかわかりませんが、なるようにしかならへんしいまできることをして一日でも元気で家族が一緒に過ごせるように時間を大切にするしかありませんね!すごく励まされました。
私も初孫抱かせてあげたいです!!それまでもってくれ!!

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR