忍者ブログ
Home > > [PR] Home > サプリメント > ビタミンE

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビタミンE

抗酸化作用があるとされるビタミンE。
美容液などにも酸化防止として入ってたり、お肌の抗酸化として入ってたり。

癌に効くのではないかと研究がされているようですが、まだコレといった決定的なものがないようです。でも抗酸化作用の働きがあるので、癌には効くとされているようです。
もしかしたら治るかも、いや治らないむしろ進行させるかも、みたいな論議が何年も繰り返されているようです。また、ビタミンEというのはセレン(これもビタミンEと似たような抗酸化物質らしい。)とも関係があるらしい。
私が注目したのは、この効くか効かないかの論議が「前立腺癌に対して」である事。

前立腺?男性?(前立腺と似たようなものは女性にもあるらしい。)
例えば、女性にしかないもの(子宮とか卵巣とか)は、全て女性ホルモンが関係していますよね。同じように男性にしかないものは、男性ホルモンが関係してるんじゃないのかな?と思いました。

では、男性ホルモンとビタミンEの関係とは?
ビタミンEってのは、男性ホルモンとか女性ホルモンの助けをするそうで、男女どちらも生殖器の中には高濃度のビタミンEがあるのだそうです。
なるほど、前立腺癌というのはビタミンEが不足しているという事なのでしょうか?それで効くか効かないかの論議がされていたわけですかね。少し理解。

という事は、女性特有の癌にも効くかもしれないんじゃ?
少し調べてみたら、やはりそうらしい。乳がんリスクを減らすらしい。
例えば女性の年寄病「更年期障害」。
これも女性ホルモンが変わる(減る)時に起こるわけですけど、原因はビタミンEが減ってるからで、補給してあげると良いそうです。

はてはて・・・
女性ホルモンと言えばエストロゲン。
大腸癌の事をお調べになっている方ならお分かりかと思いますが、大腸癌に有効とされる抗ガン剤の多くは、乳がんなどの女性特有の癌にも有効とされ、共通なものが多いですよね。
大腸と何か関係あるのでは?と、得意の安易な疑問。

調べてみた所、乳がんの餌はエストロゲンなのだそうです。
なぜ?女性なのに女性ホルモンが増えると発癌するの?
また調べてみた所、女性(男性)は、エストロゲン(アンドロゲン)のバランスが重要だそうで、多くても少なくてもいけないのだそうです。
昨今乳がんが増えている理由として、女性がエストロゲンの過剰分泌(体内蓄積)をしてしまう事が多くなった(ピル、子供を産まない、飲酒、喫煙)のが原因なのだそうです。

では、そのエストロゲンなどのホルモンの調整を、どこで行っているかと言うと、腸。
腸内環境が悪くなる→セロトニン(神経伝達物質)が作られなくなる→脳が指令を出せない→ホルモンの分泌が狂うという感じらしいです。
また、腸内環境が悪くなる→善玉菌が減って悪玉菌が増える.乳酸が減少→免疫低下→悪い白血球が血管に詰まる→血流が悪くなる→癌という作用もあるそうで。

つまり、この仕組みが乳がんと大腸癌とでは似ているのかなぁって思ったんですが、どうなのでしょうか。それとも単に癌の餌が共通しているんでしょうか?うーん、いまいち釈然としないけれど、いずれにせよ、やはり腸とホルモンとビタミンEは密接な関係がありそうです。

じゃぁ、エストロゲンを男性に投与するとどうなるのか?
エストロゲンには抗酸化作用があるから、前立腺肥大の緩和に効果があるそう。。。でも副作用でおっぱいが大きくなるらしい。。。
??おっぱいが大きくなる?という事は、男性が本来維持すべきエストロゲンはキープされているって事じゃないの?抗アストロゲンの方が効くんじゃないの?
女性特有の癌は女性ホルモンの過剰で起こって、男性特有の癌は男性ホルモンの過剰ってことなのではないのかなぁ?

さて、最初に書いた通り、ビタミンEと前立腺癌の論議では、癌が増えたデータ(比較的新しいデータ)もあれば、癌が減ったデータ(比較的古いデータ)もあるそう。
これも私の安易な推測だけど、ビタミンEを投与された男性の内、アンドロゲンが増えている人への投与は逆にアンドロゲンを増加させてしまって(結果エストロゲンの減少を招く)逆効果、アンドロゲンが減っている人(エストロゲンが減少していた人)にはアンドロゲンを増やした事で効果があったって事じゃないのかという結論に至ったのですが、どうなんでしょうか。
つまり、現代は女性に乳がん(エストロゲン過剰分泌)が増えているのと同じ原理で、現代の男性にはアンドロゲンが増えたから、ビタミンEの投与は返ってアンドロゲンを増やすこととなり逆効果という結果になったのではないかと・・・。

では昔の人に効いたという事は?
大腸癌の形にも様々ありますよね、KRAS遺伝子なんとか型とか。そんな風に、昔の人がなりやすかった大腸癌と、現代の人がなりやすい大腸癌の種類とでは違うんじゃないのかな?って。勿論、現代の大腸癌の人の中にも昔の人がなった大腸癌になっている人もいたりで、だから効く効かないという個体差があるのではないかと。。。

という私の安易な理論はがクライマックス、それに基づいて大腸癌に置き換えると
現代の食生活やストレスが原因による大腸癌と乳がんの仕組みが同じと考えたとすると
男性=生活習慣病=昨今の男性はアンドロゲンが増えている=ホルモンバランス崩れる=癌
女性=生活習慣病=昨今の女性はエストロゲンが増えている=ホルモンバランス崩れる=癌

ひとまず大腸癌患者の抗ガン剤投与前の男性の頭が薄いかどうか(アンドロゲンが多いかどうか)のデータが欲しい(笑)うちの父は薄いのだけど(笑)

つまりは、現代の食生活やストレスから発症したと思われる大腸癌患者男性には、抗アンドロゲンを投与したら癌が消えるかもしれないし、エストロゲンを投与したら癌が消えるかもしれない。女性には抗エストロゲンを投与したら癌が消えるかもしれないし、アンドロゲンを投与したら癌が消えるかもしれない。

そんな事を思ってちょいちょい調べていたら、女性の大腸癌患者にはエストロゲンの投与が既に8年前には実施されていたようです。更に、女性の大腸癌患者は女性ホルモンの異常で起こるとか研究されてるようで。
あれ?でもそれは私の考えている事と逆なんだけど・・・それじゃぁ返って癌を増殖させちゃう。
じゃぁ女性に抗アンドロゲンを投与しるのは?
見当たらなかい・・・うーむ。

いずれにせよ、私の考えでは、抗酸化のビタミンEは返って男性にはアンドロゲンを、女性にはエストロゲンを増やすこととなり、大腸癌を増殖させるのではないか?という結論に至りました。

しかし、それは通常の投与(要はサプリメント的な)の場合であって、過剰投与したら、逆の反応を起こすのではとも思います。
例えばビタミンEは、お肌に塗り過ぎると返って酸化を引き起こす原因となるらしく。それと同じように過剰投与によって、男性はアンドロゲンを、女性はエストロゲンを減少させてしまうのではないのかと思ったり・・・
その良い例として、ビタミンEと同じように、ビタミンCも抗酸化成分ですが、癌の治療でも「ビタミンC大量投与」という治療法もチラホラ見たりしました。
つまり、大腸癌や乳がんなどのホルモンが関係している癌については、ビタミンEの大量投与が良いのかな?とも。
でも、最初のあたりでも書いたように、ビタミンEはセレン(ビタミンEにとっては同業者みたいな感じ?)とのバランス(共存)が非常に重要なそうです。ビタミンEばかりが増えても、セレンばかりが増えてもいけないそうで。(同業者だから、客の独り占めは許さん!とか?笑)という事で、仲良くビタミンEとセレンの大量投与、といった所でしょうか。

あ〜頭から煙が出ています。
って、ここまで考えて、その逆もあるよね〜

※これを読んで納得してしまった方や、くだらねぇと思っている方へ
実際には前立腺癌や乳がんは、アンドロゲンとかエストロゲンとかだけじゃなくて、もっと沢山のホルモンとの関係があって、それに対抗するための薬品も沢山あります。またその仕組みも私が書いたように簡単なものではなくて、もっともっと複雑な仕組みです。到底私なんかには理解できない仕組みだと思います。
ですからあくまで私の記述は私の妄想という事でお願いします・・・
だって私の目的は、現代医療が気づけない発想、頭の良いお医者さんでは気づけないありえない発想をして、癌を治す事なんだもの。

拍手[5回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR