忍者ブログ
Home > > [PR] Home > サプリメント > 亜鉛

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

亜鉛

以前の記事でも書いたように、ビタミンEとホルモン(アンドロゲン・エストロゲン)の関係を自分なりに分析しました。

そこで思いついたのです。
男性ホルモンが多い男性が脱毛するというのは有名な話。(頭皮というのは女性ホルモンで作られているから)ご存知の方も多いはず。つまり言い換えると、アンドロゲンが多くなり、ホルモン異常を引き起こした結果です。(とはいっても、周囲を見てる限りでは、脱毛については遺伝ってのが一番の原因のような気もしますけど。)

男性型脱毛には様々な治療法がありますが、その中に「亜鉛」の摂取があります。
亜鉛というのはミネラルの一つ。多少は多くても人体に害はないそうです。
脱毛を気にして亜鉛を摂取したら性欲が落ちてしまうという人もいます。
何故でしょうか?
実は、亜鉛は非常に有効な抗アンドロゲン成分なんだそうです。
なるほど、だから性欲が強い(アンドロゲンが多い)人が亜鉛(抗アンドロゲン)を服用する事で、脱毛を防いだり、性欲が落ちるというわけです。

しかし、この亜鉛というのは精液を作る成分で、精液の量を増やす作用もあるそうです。
ですから「性欲アップには亜鉛!」とも耳にしますが、実際は性欲をアップさせているのではなく、精液の量を増やすことで精液が出やすくなっている、という仕組みらしい。
精液が出辛いと、性欲がないと勘違いしてしまうという事なのでしょうね。

おっと、話がかなりそれてしまいました。
このように、亜鉛というのは抗アンドロゲンの作用があるのは間違いなさそうです。
となると、以前の記事でも書いたように、私の推理で行くならば、男性の大腸癌患者には亜鉛が有効という事ではないのか!?と思いました。
先にも書きました通り、亜鉛はミネラルの一つです。
ミネラル類というのは、ビタミン類とくっついて、体に摂取されやすくなります。

という事で、亜鉛とビタミンを一緒に摂取するといいのではないのか?と思いました。
ちなみに亜鉛が吸収されやすくするためのお相手は、ビタミンB群のようです。

亜鉛は他にも味覚機能維持や、抗酸化作用、アルコール代謝、免疫維持などの効果があるようなので、中でも抗ガン剤を投与されている人には、とても有効なのではないのでしょうか?






拍手[3回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR