忍者ブログ
Home > > [PR] Home > サプリメント > 枇杷茶・甜杏仁(アミグダリン)

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

枇杷茶・甜杏仁(アミグダリン)

2ndラインの抗ガン剤を受け、現在続けているサプリメントはシーフコイダンと深海鮫肝油。
この状態で以前の記事にも書きました通り、肺への転移が見つかりました。

更に何か加えなくては。そう思い、またネットを調べ始めます。
シーフコイダンも鮫肝油も、あれもこれもとやっていると、お金が続かない。プロポリスはイペはあまり効果がない。
こうなってくると気分は研究者です。癌に効く成分とは一体何なのか。
そう思いながら行き着いたのが「枇杷」でした。

枇杷の葉や枇杷の種の中にある仁に含まれるアミグダリンという成分が良いそうです。
嘘か本当か、こんな内容の記事も目にしました。↓
中国で「杏仁豆腐」というものが癌に効くと噂された。杏仁というのは読んで字のごとく「杏子」の「仁」。それをアメリカの企業が真似して杏仁を販売した所、癌患者が飛びつくように買い出した。しかしアメリカの製薬会社にぶっ潰されてしまう、理由は「癌に効いてしまったから」。結果、製薬会社がその杏仁の成分から研究し開発したのが「TS-1」という抗ガン剤だとか。

・・・ホントかいな?
でも、実際にリトリール事件という名前で記録があるようで。

他にもこんな記事。
世界一、癌が少ないと言われる島(名前忘れました)がある。その島では毎日の食事に杏子の種から抽出された杏子油や、アーモンド油、オリーブオイル(以前の記事でも紹介した通りオリーブオイルには植物性スクワレンが含まれてます)などを使っているとの事。
つまり、アミグダリン成分を多く摂取している事で、癌がアポトーシスしているんじゃないかって事らしい。
反面、そういった島々では医療というものの発達が乏しく、癌という診断がついていないために癌患者数が少ないだけであるという医師達の反論も見かけました。

うーむ。民間サプリ会社と研究者と医師との戦いですな。
まぁいいさ、何でも試してみるべ。

早速枇杷の茶を探すと、数百円〜数千円で売られていました。
アミグダリンの含有量を調べてみた所、本当にごくごく少量で、癌に有効と言われる量の何万分の一程度。つまり気休めって事なんだなと解釈。

でも、だからと言って気休めも馬鹿に出来ません。
普通のお茶やお水には含まれない成分が入っている事は確かですし、毎日飲み続ける事や、効くと思って飲む事、癌に対する不安感・ストレスの緩和を「日常の摂取するお茶」で出来るのですから、良いじゃないですか。

枇杷関係は中国産が多いのですが、このご時世ですので中国のものには何が含まれているか不安な所もありますから、知恵だけを拝借して、国産で無添加のものを選びました。

父には一応成分や効果をした上で「気休め程度だけどね」と送ったのですが
「こういう気休めが一番効くんだよ」
とても喜んでました。フコイダンの方がかなり高いんだけど、喜ばれるのはお茶でした。(汗)
全く癖もなく普通のお茶。との事です。

更に、それでも本当に気休めになっては困ると思ったのと、杏子の仁がいいなら杏子の仁は売ってないかと探した所、ありました、「甜杏仁」。
杏仁豆腐に使われる原料で、それこそ効くとされた成分です。
確かに枇杷茶よりはアミグダリン含有量が多いですが、これもまた一度に一袋食べてしまったとしても癌には到底抵抗できないであろう含有量。
でも、枇杷茶とのタッグでどうにかならんかと思って、これも送りました。

父曰く「まじぃ〜」だそです。
母も「まじぃ〜」だそうです。
杏仁豆腐の香りはするそうですが、あまりおいしくないようで、何か調理しなくては頂けないそう。
仕方なく、母が杏仁豆腐を作ってくれたようです。ありがとうお母さん。
お父さんは甜杏仁の効果よりも、母が杏仁豆腐を作ってくれた事が嬉しかったみたい。
「お母が杏仁豆腐作ってくれたんだよ。おいしかったよ〜!!って大きい声で言ってお母に聞こえるようにしないとまた作ってくれないから大きい声で言ってます」だそうです。(笑)


枇杷茶甜杏仁】★★
アミグダリンの成分を利用して癌細胞に直接有効かと言えば、無効に近いようです。
でも、間接的な問題で、生活の中に取り入れる事によって、「癌なんだ」と思う瞬間などにすぐに飲む事も出来るし、少しでも効くと思って取り入れる事で安心できます。
癌患者やその家族が一番嫌なのは「無治療」ですから、そういった面で良いと思います。
また、患者本人だけでなく、家族もかなりストレスが溜まりますから、健康維持としてみんなで飲むのにとても良いと思います。
アレルギーなどの報告はあまり見かけませんので、一般的な方なら大丈夫だと思います。
お茶も比較的安価(数百円〜数千円台)で手に入りますし、甜杏仁は2000円程度です。
お財布にも優しいので、「健康維持として」少なくとも価値はあると思います。

拍手[57回]

コメント
1.無題 マヤさん (2014/01/02 11:06)

初めまして。コメント失礼いたします。

この療法はまだ続けていらっしゃるのでしょうか。
アミグダリンは経口摂取で分解されると青酸ガスを発生するので、多量に摂ると青酸中毒を起こしてしまい死亡例も多くあります。

枇杷の葉茶程度では致死量まで到達しないでしょうが、アミグダリンの含有量の多い商品が欲しいという発想は危険です。
またアミグダリンはビタミンCと一緒に摂ると、青酸が発生しやすくなり中毒しやすくなります。
そして効能は癌ではなく、去痰や健康な皮膚の局所麻酔だそうです。

いずれにせよ医師の監督なく使用するには危険な物質とされています。
一度アミグダリン使用のリスクについても調べてみることをお勧めします。

3.無題 NONAMEさん (2014/04/01 09:27)

"癌の特効薬は発見済みだ!"岡崎公彦 医師 の本に詳しく載っています ビオトーワと言う安全安価な薬です

no nameさん

ビタミンBのお薬ですね。個人的には効く人とそうでない人がいる気がします。初期の結腸癌なら効くかもですね。

  • わんわん
  • 2014/04/01(Tue.)
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR