忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 拍手コメント返信 > 拍手コメント返信(2013.2/9〜4/29)

大腸癌末期を完治させる

ある日突然62歳の父が直腸癌末期と診断されました。娘として父を絶対に救います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手コメント返信(2013.2/9〜4/29)

2013-04-29 20:05:11
記事タイトル/変化なく
お名前/はちきんちゃんさん


はじめましてどうぞよろしくお願い致します。 私は去年の2月に、38歳で、横行結腸がん診断されて3月に手術。ステージⅢbで七ヶ月間、uftユーゼルを内服するもこの2月に卵巣に転移。再手術。腹水からもがん細胞が検出され、術中に腹膜播種も発見されました。 cvポートを造設してfolfox+アバスチンを二週ごとにしてます。 お互い精神的にきついですが、がんに負けないで、前だけ向いて生きていきましょう。

【返信】患者様ご本人からのコメントありがとうございます。38歳とお若く、しかも女性、更に転移、腹水、腹膜播種。まさかまさかの連続でお辛い日々かと思います。
最近は若年層の女性も大腸癌になる人が増えて来ているようですよね・・・
ですが、アバスチンが使えているという事は、まだまだ先が長いという事です。精神的にきついですが、少しでも癌を忘れ、笑って、過しましょう!おっしゃる通り、前を向いて!ですね。
またいつでもコメント下さい。

--------------------------------------------

2013-04-29 01:43:49
記事タイトル/抗ガン剤の副作用
お名前/ヒロさん


主人は大腸が原発でレンパにも転移しており、肝臓もほとんどやられてしまっていることがわかり、余命一年未満と昨年の7月に宣告されました。今は一日でも生きて行くための抗がん剤治療を休みなく二週間に一度受けています。このまま生きていられるのではと思ってしまいます。辛そうな姿を見るのもつらいです。 そして主人がいなくなるここの恐怖が毎晩襲ってきます。

【返信】このブログにコメント下さる方の中で、奥様が癌になられているコケパパさんという方がおられます。
やはり、奥様が居なくなってしまうのではないかという恐怖と闘っておられます。コケパパさんのコメントに返信してみて下さい、ひょっとしたらコケパパさんから返信してもらえるかもしれません。
私もヒロさんと全く同じように、父が「ひょっとしたらこのまま生きていてくれるかも」なんて思ってしまいます。反面、いなくなる恐怖と毎日闘っています。お気持ち、非常に理解できます。
恐怖ばかりで怖くなった時は、「もしかしたら居なくなってしまうかもしれない、でも、まだ生きてる。悲しむのは、本当に居なくなってからにしよう。今は、泣いて過すよりも、深く考えずに笑って過そう」と思って乗り切っています。
ヒロさんとご主人に、少しでも多くの楽しい、明るい時間が訪れますように。

--------------------------------------------

2013-04-11 10:35:29
記事タイトル/肺への転移
お名前/Youitiーwatanabeさん


父、母、私そして弟との家族への愛と今まで生きてきた心の美しさと温もりを感ます。事故が無く平穏にすごして行けますようお祈りしたいです。

【返信】ありがとうございます。温かいコメントを頂いて、とても嬉しかったです。そして応援して下さりありがとうございます。これからも父が一分一秒でも長く生きてくれる事を祈るばかりです。

--------------------------------------------

2013-03-20 19:06:44
記事タイトル/ストーマ生活
お名前/いずころさん


こんばんは、はじめまして。うちの父もストーマ生活中、初心者です。今日退院して、父と一緒に奮闘中です。まだ、慣れなくて、けんかもしながら(笑)しています。でも、辛いのはは父本人だと思うので、私もなるべく笑顔で接するように心がけています。お互いに大変ですが、頑張りましょうね。

【返信】ほんとそうですよね。辛いのは本人。でもちょっとだけ家族も。
自分の思う通りに行かずにイライラしてしまうのもしょうがないですが、家族は腹も立ちますよね(笑)
私の父はストーマになって早2年ですが、それでもたまに×××・・・
母は「お父さんの叫び声(父は漏れると叫ぶので)が聞こえるとゾッとする〜笑」と言ってます。
お互いに頑張りましょうね!

--------------------------------------------

2013-02-09 16:23:14
記事タイトル/温熱療法(自己流)
お名前/佃さん


すばらしい方法ですね、頑張ってください。

【返信】ありがとうございます。ついでに書いた記事だったのに、この記事のアクセスランキングが高くビックリしています。意外や意外、地味ですが良いと思うんですよね。医師のお墨付きがあるので、良い方法だと思っています。

拍手[5回]

コメント
1.いつもありがとうございます。 コケパパさん (2013/05/07 17:46)

ご返信ありがとうございます。
妻は化学療法の先生を信頼しており、私はあまり信用してない状況の中、漢方も妻に提案しましたが、内緒で勝手にやるのは嫌との事だったので、先生に申し出たら、案の定、完全否定されました。
何でも、『副作用等が出た場合に、抗癌剤なのか、漢方薬の影響なのか判別できず、対応しにくい。それに、漢方薬を飲んでも、副作用軽減や免疫向上にはなりません。しないで下さい。』とハッキリ言われました。
妻も現在お腹が張ってる上に、食後の薬がたくさんある事から、『これ以上、薬は飲みたくない。』と言っており、薬を飲むことにストレスを感じてる為、漢方薬には消極的です。
私は先生に否定された時、臨床への影響も少なからずあるんだろうな、と思いました。
先生曰く、抗癌剤が効いてるか、効いてないかは最終的にはCTでしかわからない。腫瘍マーカーはあくまで目安でしかなく、そこからは判断できないとの事で、近々そのCTがあるので、その結果と医師の対応を見て、こちらも、言う事、聞く事を考えようと思います。
妻が先生を信頼し、他の治療にも消極的なことから、こちらとしては、心配と焦りがつのるばかりで、前に進めないのがはがゆく、辛いです。
かと言って、死を引き合いに出して、半ば強引に勧めるのもかわいそうですし…

コケパパさん

そうでしたか・・・

奥さんは、自分が出来る範囲で、無理をせずに・・・と思っているのだと思います。また、余命についてもあまり深く考えないようにしているのだと思います。ある意味では良い事ですよね・・・

私の父も、かなりマイペースですし、3rdラインは受けたくない(まだ死なないでしょ)と言います。
漢方も、「薬ばかり飲んで腹がいっぱいになる。もう薬は飲みたくない!」と、よく言います。それでも半ば強引に送り付け、飲め!と言うと渋々飲んでますが・・・でもこれは娘だから出来ることであり、夫であるコケパパさんが言うと、返って奥さんのストレスになり兼ねませんよね・・・。
提案ですが、奥さんのご両親から送ってもらった形にしてみてはいかがですか?最初は飲まなくても、もしかしたら飲んでくれるようになるかもしれません。岡本さんが勧めて下さった漢方、私の父に飲んでもらっていますが、白血球数が安定してきました。効果があるように思います。


奥様が医師を信頼しているとの事、ある意味ではとても良い事なんですよね。。。でもコケパパさんの立場になればかなり辛いものがありますね。。コメントを読んで、コケパパさんが葛藤し、どうにもならない現状に歯がゆく感じておられるのがとても良く伝わりました・・・

その医師がどういう医師なのかは分からないのですが、確かにマーカーは目安でしかありませんが、こんなに短期間で急上昇しているのに「焦らず」というのもいかがなものか・・・もしかしたら急上昇からの急降下を期待してるんでしょうか?何せ実験ですからね・・・
医者だから「焦らず」と言えるでしょうが、患者やその家族は誰だって焦りますよ。そういった所も配慮して欲しいのですがね・・・
それに、漢方が効かないと言うのなら、(確かに激的な効果はないかもしれませんが)副作用の心配だってしなくて良いと思うのですがね・・・「効かないけど飲むなら飲んでも構いません」なら分かるんですが。。。
やはり「臨床実験」が「大きく」影響していると思います。
私はちょっと好きではないタイプの医者ですね・・・

「臨床実験」というのは、薬剤に効果があるのかないのか、はたまた逆効果なのか、寿命を伸ばせるのか変わらないのか縮むのか、患者がより長く生きるのか平均的なのかより早く死ぬのか、などのデータを集めるためのものです。そこに感情などありませんし、目の前の患者を救うための治療ではなく、来世のための実験です。
来世に貢献するのも良いですが・・・医者は責任を取ってくれるわけでもありませんから、どうかその辺りの判断は、奥様とよくご相談されてお決めになって下さい。

色々とお話を伺い感じる事ですが、今一番重要なのは、薬や漢方よりもまず先に、コケパパさんの想いを奥様に伝え、二人で頑張ろうと前を向ける体制を作る事じゃないかなと思います。
癌宣告からある程度時間も経過しましたし、少しずつ現在の状態をハッキリと伝え、コケパパさんの考えをぶつけても良い時ではないかなと思います。
臆病にならず、奥様を抱きしめてあげて下さい。女は男に守られていると感じる時ほど幸せを感じる事はないです。

コケパパさんは凄くいい旦那さんですね。素敵なご主人を持って、奥さんは本当に幸せ者ですね。羨ましい!
仮に私が癌になっても、私の主人はコケパパさんのようにブログを読んだり勉強したりしてくれないと思います・・・

頑張れ!コケパパさん!

  • わんわん
  • 2013/05/08(Wed.)
2.無題 コケパパさん (2013/05/09 11:49)

やっぱりお父様もそうですか。
でも、渋々でも受け入れておられるだけご家族もほんの少しでも安心ですね。
ご本人はおっしゃられてる通り、大変でしょうけど。でも、頑張っておられるんですね。
ウチは、現状、口内炎がひどく、お腹がかなり張ってることもあり、ご飯をたべるのも一苦労な状態なので、あまり無理強いができません。
でも、私はまだあきらめた訳ではありません。今後、お腹や副作用の状態、本人の精神状態を見ながら、再度アタックしてみようと思ってます。漢方医の見解も聞いてみたいので。
でも、ウチの妻は、短気で頑固なので、困難を極めると思いますが…(笑)
それが故に、親作戦も喧嘩になるだけで、無理かと思います。

しかし、市販のクラシエの漢方薬は毎食後、4錠ずつとなんと多いのでしょう…普通でもストレスに感じますよね。

それはそうと、昨日病院に行って腫瘍マーカーだったんですけど、なんとCEAが17代まで下がってました。CA19は横這い、好中球も2400まで回復してました。この間のCEA70は何だったんでしょうか?
でも、口内炎の状態がひどいので、抗癌剤は5日間延期になりました。
良かったのか、悪かったのか…

まぁ、これからも色々とあると思いますが、妻と何とか乗り切って行きまーす!

お互いに色んな葛藤や悩み、苦しみあると思いますが、

『一番しんどいのは本人。それに比べればこんな悩みなんて、何でもない!』

を合言葉に、家族としてがんばっていきましょうね。

コケパパさん

その後の奥様の体調はいかがでしょうか。

昨日、実家に戻り、父にこのブログの話を伝え、コメントを下さる方の奥様が、薬をあまり飲みたがらないようだと話しました。すると父は、「そりゃ当然だ、毎日毎日薬だけでお腹いっぱいになる。毎日毎日飲んでいると、本当にうんざりしてくるもんだ。更に漢方だのと言われてるとウンザリするもんだよ。」と言っていました。
私は父の気持ちを出来るだけ理解しようと努力していますが、全然理解できてないんだなと痛感しました。患者には患者にしか分からない事がありますね・・・。きっと、奥様も相当お辛いのだと思います。おまけに漢方やサプリはやたらと一度に飲む量が多いですしね〜・・・顆粒にして1包にまとめられたらいいのに、、とか思ってしまいます。

マーカー値、急激に下がりましたね。何はともあれ、良かった!!!
やはり急上昇からの急降下を狙ってた・・・?今後の変動がどうなって行くのか・・・このまま下がる事を祈ってます。
コケパパさんは既に沢山知識を得ていると思いますので、私が何を言う必要もないと思いますが、どうか奥様を(医師からも)守ってあげて下さいね!!!

そう、、、一番しんどいのは本人ですよ。
口内炎が酷いとの事、抗癌剤が効いているのだと思います。口内の粘膜が薄くなってると思いますので、(私の父が言うには)生野菜などを食べると少し喉のあたりが痛く?感じるから、出来るだけ咀嚼を増やしたり、温野菜にする事でなんともなくなると言ってました。

抗癌剤の延期は「癌を消す」という目的ならば、良い事ではないです。副作用が酷く出ている時が一番効いている時であり、その時に更に追加で打っていくから癌が一時的になくなるんですよ・・・
といっても、多くの人が、副作用や白血球不足でスケジュール通り行えないんですがね・・・
抗癌剤のスケジュールを予定通り行うためにも、青魚!EPAですよ!!

お互い頑張って行きましょうね!

  • わんわん
  • 2013/05/15(Wed.)
3.追伸… コケパパさん (2013/05/09 16:35)

この時期、精神的にキツくないですか?
私は全然ダメです…

わんわんさんももしそうだったら、それも含めて、あまり頑張りすぎないように頑張っていきましょうね!

コケパパさん

!!!!(笑)

分かります分かります〜この時期ね〜、昔からダメです。
天気が変わり易いせいもあるのか、(雨や曇りならいいのですが)中でも私は晴天に弱いです。

ですが、晴天だと、父がウォーキング出来るので、「今日は天気だ、お父さんがウォーキング出来る」と思うようにしていますよ。。。

ほんと〜、お互い、頑張り過ぎず、頑張りましょうね!!
あ〜、コケパパさんとは本当に一度飲みたいなぁ〜

  • わんわん
  • 2013/05/15(Wed.)
4.初めまして かおりさん (2013/05/10 00:40)

初めまして。私の母も大腸がんのステージⅣと宣告されてから、開腹手術、抗がん剤を受けてきましたが、あまりに辛く抗がん剤をやめてしまいました。

それからは、温熱療法に絞ってしまい無治療のまま何ヵ月も過ごした結果、肝臓に転移し半分まで癌が増えてしまってしまい、今日また余命を言われてしまいました。

身体も痩せほそってしまい、一人では階段にも上れない状態になってしまいました…こういう決断をしてしまって悔やんでも悔やみきれません…
でも、希望を捨てたくありません…。

出来れば、手術をされた病院を教えて頂けませんでしょうか?

かおりさん

初めまして。

お辛いですね、気持ち、凄く分かりますよ。
抗癌剤の副作用が強かったのですね。という事は、抗癌剤は効いてはいたんでしょうね・・・

抗癌剤をやめたのは、それほど気にしなくて良いと思います。
受ける事で、確かに一時的に癌を消す事は出来ますが、副作用が辛すぎ、更に必ず急激に増えます。
抗癌剤をしないと、副作用なく、ゆっくりと進行します。
ですから、どっちが良いのかは患者ご本人とご家族の判断であり、後悔なさらないで下さい。

もし、抗癌剤の副作用の内、吐き気や食欲不振などに耐えられなかったのでしたら、昨年認可されたアービタックスやベクティビックスという抗癌剤があります。(いわゆる3rdラインの抗癌剤)皮膚障害が強いので、ボロボロが出ますが、軟膏などで治して行く事が出来ます。
吐き気などはあまりない、分子標的型の薬剤ですので、もしかしたらお母様も続けられるかもしれません。良ければ主治医と相談してみて下さい。


定期的に検査は受けられていたと思うのですが、肝臓の転移が認められてから、肝臓の半分程度に癌が認められるまで、どの位の期間がありましたか?
肝臓の転移は肺とは違い、ゆるやかな進行ですから、焦らずに行きましょう。

これ以上進行させないためにも、少しでも運動したり、少しでも食事量を増やし、カロリーを摂取して下さい。個人的にお勧めの食品は、青魚、鰻、レバー、牡蠣です。
中でもレバーや牡蠣は亜鉛量が多く、カルシウムと結びつき易いので、お母様の精神安定だけでなく、ホルモンも安定すると思います。

個人的な意見であり、無責任な発言で申し訳ないのですが、大腸癌は、女性なら女性ホルモンの過剰分泌、男性なら男性ホルモンの過剰分泌が原因ではないかと思っております。ですから、それらを安定させるためにも、亜鉛は大変良い成分であると思っています。

お母様の病状を色々な角度で考えると、(体力がないという事や、肝臓転移、抗癌剤が打てない)手術は難しいと思います。手術を受けるには何より体力がなくてはいけません。
ですから、まずは体力を回復させるよう、お母様と一緒に頑張ってみて下さい。

私の父が治療を受けた病院についてよく聞かれるのですが、大変申し訳ないのですがお知らせしてないんです。
これまでの経緯もあり、病院側に迷惑がかかってしまう事や、私がその病院のサクラと思われてしまうかもしれない事などもありますし、私の家にとっては神様みたいな病院でしたが、その患者さんやご家族にとってはそうでない事もありますので・・・
私の父は2年程通いましたが、結局遠方である事や病院の食事が不味い事でストレスを感じ、今年に入り地元の病院に転院したんですよ。

癌は入院する事も多いので、患者ご本人のストレスにならない病院をお選びになって下さい。
食事が好きなら、食事のおいしい病院。綺麗好きなら、新築の病院、方言があるなら方言の違いなど、私たち家族にとっては二の次である事も、患者にとっては一番大事かもしれません。
患者が病院に行く事にストレスを感じてしまってはどれほど大病院でも元も子もないですから、お母様の性格などを考慮し、市内、県内、県外と幅を調整しながら病院をお選びになって下さい。

お力になれず申し訳ありません。
またいつでもコメント下さい。
お母様のご病気が少しでも良い方向に向かいますように。

  • わんわん
  • 2013/05/15(Wed.)
5.ペプチドワクチン おかもとさん (2013/06/01 16:10)

わんわんさん、お久しぶりです。
しばらくの間に、ずいぶん大変なかたがたが、この掲示板に参加しておられますね。
医師の余命宣告はあくまでもその医師のおおざっぱな見立てに過ぎず、実際にはそれよりもずっと長く生きられる方も多いようですので、決して希望を捨てないようにしていただきたいです。
みなさんの今後のよい方向への変化を祈るばかりですが、私は、4.10に入院し、術前の血液検査では、腫瘍マーカー以外は異常なしでした。4.24に大腸がんが転移していた、肝臓の左葉(肝臓全体の35%)を切除し、5.8に退院しました。
5.21の血液検査では腫瘍マーカーは正常値になりました。
次の水曜日に、K病院へペプチドワクチンを接種してもらえるかどうかの検査に行きます。
なお、余談ですが、ノニとフコイダンを飲み始めて3週間ほどしてからもCEAは、元の20から、32まで上がりましたので、私の場合には効果がなかったのかもしれません。
それで、いまのところ、その両者はやめにして、食事は糖質制限とし、十全大補湯、カルニチン、R体αリポ酸、コエンザイムQ10,アサヒスーパービール酵母Z、ビオフェルミン、プロポリス、を摂っています。
ヨーグルトもつとめて食べているせいか、便通はよいです。

おかもとさん

ご無沙汰していました。お元気そうで良かったです。
手術を決断したおかもとさんの勇気に乾杯!です。そしてお疲れさまでした!


マーカーが正常値になったとのこと、本当に良かったですね〜!!
お元気そうで本当になによりです。
いい報告が聞けて嬉しいです。

ノニ・フコイダンでマーカーが上昇してしまったとの事、それはやめて正解でしたね!私の父もプロポリスで上昇してしまい、やめました。ダメと思ったら即座にやめる!が鉄則ですね(笑)

今後のマーカーもこのまま上昇しない事を祈ってます。
これからも元気・元気!でお過ごし下さいね!


  • わんわん
  • 2013/06/05(Wed.)
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報交換掲示板

大腸癌を完治させる(掲示板)

このブログをご覧になられているユーザーの方同士が情報交換するための掲示板です。ユーザー同士の会話・情報交換など、ぜひご利用下さい。

最新コメント

[09/02 ういうい]
[08/28 mzm]
[07/07 きょん]
[07/06 英明]
[06/03 Smithd276]

プロフィール

HN:
わんわん
性別:
女性
自己紹介:
30代の兼業主婦です。父を救いたい一心で癌について日々情報を集めています。誤字・脱字・文章の読み辛さ等はご勘弁下さい。何せ昔から国語が大嫌いなので(笑)

ブログ内検索

カウンター

PR